初心者による初心者のための不倫入門

浮気調査の費用を節約する方法は、自分でできる範囲までは事前に調査しておきたいものです。難しい調査ではありません。毎日のパートナーの行動記録を良いだけです。日々の仕事に出掛ける時間、帰宅してきた時間、電話で誰かと通話していれば、掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておきましょう。

浮気の形跡がSNSを介して見つかることもあります。コミュニティ型のWebサイトでは実名を伏せるので注意不足で相手が、個人が特定される事はないと安心して私生活を公表している事が散見されます。場合によっては、浮気を証明する根拠となる行動をネットに公表している場合もあるのです。相手のアカウントを知ることができるなら読んでみて下さい。

浮気調査に対して探偵に払う費用は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。実費とは具体的には交通費や写真撮影にかかる費用などですが、張り込み時の食事代が加算される場合もあるみたいです。時間給は、人数×時間で費用を算出します。浮気調査を行う期間が短ければ請求金額も少ないです。

もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調査に必要な時間は少なくてよくなるので、調査にかかるお金は少なくなります。しかし、浮気をしている日時が特定できているなんていっても、知人に相談して写真撮影をお願いすると、骨折り損になることは確実です。知られずに証拠写真を手に入れるには探偵を雇うのが賢明でしょう。

GPS端末は、車の目に触れないところに取付して、移動の様子を常時監視し、現在地を確認したり記録されたデータを後で読み出し分析することもできます。移動手段に、車を使わない人の場合は、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。
カイゴジョブ
それによって、相手が行った場所や何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。

浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が見つかったならば、離婚するか気づかないままにするのか選択に困りますよね。そうならないように、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、自分の損得を考えるのが先決です。夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活を解消するのもいいでしょう。

不倫問題を相談したいと思うなら弁護士に相談することをオススメします。離婚を望むのか、不倫相手から慰謝料を取ることをのかを考えてから相談するべきです。不貞の証拠を掴みたい場合には、探偵や興信所に相談しましょう。女性の場合、近所の奥さまや友人に相談してしまう人も多くいるのですが、近所の噂のタネになりたくない時は、相談しないようにしましょう。